« Y邸マンション内装・断熱塗装工事レポート | メイン | 窓ガラスの結露が止まりました。 »

Uビル・ガイナエコ塗装

鉄筋コンクリート5階建・築15年一部外壁打ち放

すでに他社メーカーに内定していたモノをガイナの特性が施主様に認めて頂き

急きょ変更採用された案件。


完成写真

DSC02797.jpg


施主様は仕上がり感に拘りをお持ちで玉吹き模様の仕上がり感を強く希望される。

この玉吹き模様の仕上げはガイナでは困難とされておりこれまで施工例がなくまた挑戦

した話も聞きませんでした。


DSC02798.jpg


ガイナはセラミック60%とセラミック含有量が多い為吹付ける際ノズルが詰まり易く

ネタに1L~3L加水して緩くして吹くのが通常の施工法としてとられています。

ネタが緩いと仕上がり面は平滑な仕上がり感になるのが特徴で、今回のキレのいい玉吹

をつくるのには適さない相反する工法と材料になる訳です。


DSC02799.jpg

今回の施工方法は正に逆転の発想法ともいうべきで、吹付けが困難と言われた堅いネタ

緩く飛ばすといった手法が取られました。「写真の模様の仕上がり感を出しました」

下塗りはローラーで平滑塗膜を作りその上にコテ仕様のネタで玉模様吹き付き上げまし

た。


「ガイナの多機能な効果に新しい仕上がり感を加味したもの」気に入って頂けると思い

ます。


DSC02800.jpg

「ガイナコテ仕様」

DSC02801.jpg


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yamanaka3.com/mt/mt-tb.cgi/153

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年05月09日 14:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Y邸マンション内装・断熱塗装工事レポート」です。

次の投稿は「窓ガラスの結露が止まりました。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。