メイン | 2010年10月 »

2010年09月 アーカイブ

2010年09月09日

断熱塗装工事 T邸 

断熱塗装工事 T邸 築13年 

施主様コメント ・(施工前)
 ”築13年の家で外壁の汚れも目立ってきており初めての外壁のリフォームを計画した。
今年の夏の暑さは異状ですがそれ以前から暑い家だったので何か工夫をしたいと考えている時
に塗装で断熱ができる話を聞きメーカーより信頼できる工事会社を紹介してもらった。
工事担当の方より「ガイナ」の話を聞いて外壁の他に屋根も塗ると更に太陽の熱を反射するので
暑さ対策効果が大きいことを教えてもらい屋根、外壁にガイナを塗ってもらう事にしました。”
  
工事日記  施工前の写真

F1000081.JPG


F1000086.JPG


ガイナ塗装・施工後の写真

DSC01640.jpg

DSC01642.jpg

DSC01644.jpg

施主様コメント
ガイナ塗装工事の感想を以下述べます。

「窓の多い家の為、夏の暑さは耐えられないものがあり、特に2階は帰宅時など40度を超えることも
しばしばあった為少しでも軽減できればといろいろ調べた結果、ガイナを選びました。
屋根と外壁施工後は真夏でもエアコン設定温度を以前のように極端に低くする必要も無くなり、
又エアコンを使用しなくても快適に過ごせる時期が例年より早くなりました。

当初は半信半疑でいましたが、確実な結果を目の当たりにして驚いています。
仕上がりも美しく、築13年の家が新築同様になり大変満足しております。」


解説
工事期間は8月1日~12日の約2週間でした。

22年夏は7月梅雨明け後から異常の暑さが8月を超え9月には入っても続いた。
22年の7月~9月の温度記録から
猛暑日(35度以上)        13日間(新記録)
熱帯夜(夜間25度以上)      55日間( 〃 )
真夏日(30度以上)連続真夏日   30日間(8月10日~9月9日)

2010年09月14日

T邸断熱塗装工事レポート1 屋根編

DSC03312.JPG

10年間の風雨にさらされたコロニアルの屋根は汚れと同時に色あせもしている。
先ずは高圧洗浄で屋根の汚れを落とします。傷などの有無を確認をします。

DSC03373.JPG

シーラー塗り ガイナは15年以上も長持ちするので塗膜のはく離、ひび割れを
防ぐ目的でコロニアル屋根と上に塗るガイナとの密着性を良くする為の工程)

DSC03385.JPG

ガイナ塗装1回目(ローラー工法でコロニアル瓦の1枚づつ丁寧に塗っていきます)
この日も猛暑日で作業はかなりきつい、瓦の表面温度70度C以上有ると思われる。
非常に暑い。これがガイナを塗った面はナント手で触れる状態に下がった。ガイナの効果は凄い !!

DSC03401.JPG

ガイナ2回目塗り 前日1回目塗った屋根面に塗り重ねる。今日も午前中から33度
の気温のようだが屋根面からの反射熱が無く昨日より作業がし易い。


DSC03402.JPG

DSC03403.JPG

DSC03410.JPG

コロニアル屋根仕上がり (光の具合で白く見えるが同一色です)

DSC03414.JPG
 
作業者のつぶやき
私達は何年も塗装工事をしているが今年の夏は特にキツイ!! 特に屋根は照り返し
が地獄だ。
その点がイナ塗装は照り返しが無くて助かる。その分屋根にとっても優しい塗料だと思う。

2010年09月15日

T様邸断熱塗装工事リポート2 外壁編

外壁も13年間の雨風に耐えてきたことで、汚れとチョーキングが発生している。(触ると手が白くなる)劣化の始まり。
前日までに仮設足場が飛散防止ネット付で組み立てを済ませている。
まずは高圧洗浄で汚れを洗い流します。更に窓枠及び塗装しない部分に養生をして、これから塗装作業の開始。

塗装手順
塗装外壁の洗浄→→下地処理→→ガイナ塗装1回目→→ガイナ塗装2回目→→完成

DSC03372.JPG

1行程目 下地処理剤(フィラー)を壁塗装面に塗ります。(ガイナと壁の密着性を良くする為の作業)

DSC03378.JPG

DSC03383.JPG


2行程目 ガイナ塗装1回目 下地処理をした上に丁寧にガイナを塗って行きます。
外壁は2色でモルタル面はイエローで、サイデェング壁にはベージュに塗り分けします。(施主様希望による)

DSC03377.JPG

DSC03380.JPG

DSC03393.JPG

DSC03395.JPG

ガイナ2回目塗装

DSC03399.JPG

DSC03396.JPG

壁部分がイナ塗装仕上がり

DSC03416.JPG

DSC03419.JPG

DSC03420.JPG

明り取り窓周辺 サイディング壁

下地処理

DSC03383.JPG

ガイナ塗装1回目

DSC03395.JPG

ガイナ塗装2回目

DSC03400.JPG

仕上がり

DSC03409.JPG

外壁全景仕上がり

DSC03425.JPG

DSC03426.JPG

足場がはずれた全景・美しい仕上がりに成りました。

DSC01640.jpg

DSC01642.jpg

DSC01644.jpg


施主様コメント
ガイナ塗装工事の感想を以下述べます。

(施工前)

 ”築13年の家で外壁の汚れも目立ってきており初めての外壁のリフォームを計画した。
今年の夏の暑さは異状ですがそれ以前から暑い家だったので何か工夫をしたいと考えている時
に塗装で断熱ができる話を聞きメーカーより信頼できる工事会社を紹介してもらった。
工事担当の方より「ガイナ」の話を聞いて外壁の他に屋根も塗ると更に太陽の熱を反射するので
暑さ対策効果が大きいことを教えてもらい屋根、外壁にガイナを塗ってもらう事にしました。”

施工1ヶ月後の感想 

「窓の多い家の為、夏の暑さは耐えられないものがあり、特に2階は帰宅時など40度を超えることも
しばしばあった為少しでも軽減できればといろいろ調べた結果、ガイナを選びました。
屋根と外壁施工後は真夏でもエアコン設定温度を以前のように極端に低くする必要も無くなり、
又エアコンを使用しなくても快適に過ごせる時期が例年より早くなりました。

当初は半信半疑でいましたが、確実な結果を目の当たりにして驚いています。
仕上がりも美しく、築13年の家が新築同様になり大変満足しております。」


解説
工事期間は8月1日~12日の約2週間でした。

22年夏は7月梅雨明け後から異常の暑さが8月を超え9月には入っても続いた。
22年の7月~9月の温度記録から
猛暑日(35度以上)        13日間(新記録)
熱帯夜(夜間25度以上)      55日間( 〃 )
真夏日(30度以上)連続真夏日   30日間(8月10日~9月9日)

2010年09月22日

北海道家族旅行編

平成22年7月31日~8月3日

北海道の旅 1日目 東京→札幌→小樽

小樽水族館

日本海に面した水族館 アザラシ、ドドのプールは海水が直接繋がっている。彼らにとって自然な環境になっているのか
元気が良さそう。

DSC01415.jpg

体重600㎏の体で高さ5mの飛び込み台から見事ジャンプ。
階段を両手(ウイング)、尾ひれを巧みに使って上手に登るのと更にジャンプ台からの飛び込みは素晴らしい、
調教師さんの教え方とトドの運動能力に感心する。

s-DSC01425.jpg

再びプールサイドを器用に動きお姉さんから小魚をおねだり

DSC01428.jpg

小樽運河

DSC01445.jpg

小樽市内バス

DSC01457.jpg


北海道の旅 2日目 小樽→札幌→洞爺湖温泉

札幌時計台

DSC01469.jpg


札幌郊外から洞爺湖途中 小雨に煙るとうもろこし畑

DSC01477.jpg

北海道の度 3日目 洞爺湖温泉→大沼→五稜郭→函館湯川温泉

洞爺湖温泉
前日の雨が上がり快晴の洞爺湖に浮かぶ観光船エスポアール号と薄雲に丘の上の有名ホテル

DSC01495.jpg

洞爺湖中ノ島
前日は雨の中エスポアール号で中ノ島に渡る。無人島で現在数百頭の鹿が外部と隔離された環境で繁殖しているとのこと。
博物館があり、旅行者は遊覧船を降りて次の便までの間で見学をする。

DSC01497.jpg

大沼公園


DSC01503.jpg

五稜郭公園
土塁、石垣の構造

DSC01511.jpg

五稜郭館復元

DSC01514.jpg

函館山からの夜景

DSC01536.jpg

北海道の旅 4日目 函館朝市→元町散策→函館空港→羽田

函館朝市

イカ釣り

DSC01542.jpg

函館元町 教会

DSC01547.jpg

元町 坂道 港まで一直線

DSC01552.jpg


函館旧市庁舎

DSC01558.jpg

函館本願寺

DSC01564.jpg

レンガ倉庫

DSC01569.jpg

DSC01572.jpg

About 2010年09月

2010年09月にブログ「ガイナエコ塗装レポート」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2010年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。